虫歯と歯周病治療について

虫歯の度合い別治療方法

虫歯と一口にいっても進行度合いによって治療方法が異なります。
虫歯の進行度合いをアルファベットのCと数字の組み合わせにて表現します。

 

虫歯の中でも最も進行度が低いのがC0と呼ばれる状態の虫歯です。
虫歯自体もごく小さく穴も空いていませんので、痛みなどの自覚症状は全くありません。

 

定期的に歯科医院に通っていれば、
初期段階の虫歯でもすぐに歯科医師に気が付いて適切に処置してもらうことができるため、
これ以上虫歯が進行するのを防げます。

 

C0の場合はまだ歯に穴が空いていませんので、歯を削る必要はありません。
歯科医師や衛生士から歯磨きの指導を受け、
フッ素を塗布されてしばらく様子を見ることになります。

 

この場合虫歯の進行状況をチェックするために、普段よりも短い間隔で受診することをすすめられます。

 

C0よりも少し虫歯がすすんだ状態をC1と呼びます。
穴が空いてしまっているため、その部分を削って処置するのが一般的な治療方法になります。
虫歯になっている部分を削った後で、
歯と同じ色の樹脂や金属にて削った後を埋める治療を行います。

 

そしてC1よりもさらに虫歯がすすんだ状態がC2であり、
これを治療することになると治療中にも強い痛みがでることがあるため、
場合によっては麻酔をしてから治療にとりかかります。

 

C2治療の場合は虫歯になっている部分を削り、
虫歯の大きさによってはこれ以上虫歯が進行しないように薬を詰めるのです。
その後虫歯を削った部分に詰め物を入れて治療が終了します。
一本の虫歯の治療で2回から3回の通院が必要になります。

 

矯正歯科をお探しであれば、パークシティデンタルクリニックがおすすめです。

神経を抜く、抜歯治療

虫歯が神経にまで到達していると、C3という度合いに分類されます。

 

これは虫歯の進行度合いで最も大きい部類に入ります。
C3の状態であればまだ歯を残して治療をすることができるのですが、
進行度合いが酷くなるとC4つまり、抜歯治療を行う必要が出てくるのです。

 

神経は温度を感じ取る、虫歯になったときに痛みを感じる役割を持っているのですが、
これが虫歯に浸食されてしまうと、その機能を維持できなくなります。

 

神経に虫歯が到達して神経を腐らせてしまうと、
そのまま神経を残しておくわけにはいかなくなるため、抜歯治療が必要になります。

 

ここまで虫歯が進行していると痛みも強く、
人によっては夜も眠れないくらいの強い痛みを感じるのです。

 

神経近くまで虫歯が到達していると神経を抜く治療をすすめられてしまいます。

 

神経の治療になると治療に要する時間もかかるようになります。
また治療中にも激しい痛みを伴いますのでしっかりと麻酔をした上で治療にとりかかることになります。

 

虫歯に侵されている部分をすべて削ってから神経を取り除きます。
そして神経が抜けた後をきれいに消毒した後で、バイキンが入ってこないようにしっかりと蓋をするのです。

 

この消毒作業ですが、必要に応じて何度か繰り返して行います。
そのため治療の期間中はできるだけその歯への負担を減らすように、
その歯をできるだけ使わないように食事をとる必要があるのです。

 

消毒がしっかりと済んでから被せ物をして治療が終了します。
神経を抜く治療の場合は、消毒に通う回数を含めて4回以上通う必要が出てきます。